2015-07-05 16:00 | カテゴリ:Cooking Salon
宮保鶏丁
日本で人気がある中華と言えば、酢豚、エビチリ、唐揚げの葱ソースなんてメニューはおうちでも作ったりお総菜でも人気ですね。
次に中国人にも絶大な人気なのが「宮保鶏丁・・・鶏とカシューナッツの炒め物」です。
中国四川料理の名物料理の一つですね。
もちろん、辛みをつけないナッツの炒め物もあり、そちらは漢字では名前が違ってきます。
中華料理は素材と料理法で名前が決まります。

今回これを作ろうと思ったのには、20年ほど前の出来事があるんです。

アメリカで暮らし始めた私たちは、いわゆるアメリカ料理、ハンバーガーとか、ごっついステーキなんていうのは全く食べませんでした。
どちらかというと、アジアの料理を食べ歩き、中華はもちろんタイ、ベトナムなどエスニック料理といわれるものとかイタリアンが外食の常でした。
日本料理は自分でも作れるし、外国では和食料理店って高級店ってことで妙に高いし、中には、、、というか半分以上中国人やいろんなアジアの人が作っている店が多し。漢字やひらがなが反転しているのは日常(笑
これはないだろ!みたいな器や取り合わせで出てきて苦笑すること多しです(^^ゞ
そんなときに助かるのが世界三大料理の一つ、中華料理です。
ほんと、どこにでもあるし、わりとリーズナブルで世界中の人の口にあうようなお料理が多いのです。
このお料理はそのころよく食べた中華料理の一つです。
(アメリカのものは、多少味が濃くジャンキーな物も多いですが)

で、話を元に戻します。
主人の同僚の中国人のご夫妻がいたのですが、いよいよ最後に私たちが日本に帰るときに、ご自宅に招いてくださって仲間と一緒にフェアウェルパーティを開いてくれたんです。
中国では共働きがほとんどだそうで、すごく仲の良かった奥様もばりばりの銀行レディをしていました。
なので、うちでのお食事は旦那さんと助け合いながら作っていたそう。
そこで、彼が作ってくれたのが、この「宮保鶏丁」だったのです。
もちろんアメリカンチャイニーズとしても大人気なこの品は、今までも中華のお店で食べたことはありましたが、
その優しさと心遣いに感動して、今でもうちではちょっと特別なお料理なんです。

そんなこんなで、本格中華を作ってみたいと、今回はいろいろ工夫しています。
鶏肉の下ごしらえをはじめとして、絶対に知っておいて損はない7月おうちごはんのメインとなっています。

中華豆腐サラダ
ただ、これに力がはいりそうなので、あとのプラスの副菜はなるべく簡単にできるものにしました。
スライサーを使ってあっという間にできるキュウリの一品とか、
夏にぴったりの中華風の冷や奴とか大好評でしたよ〜!
帰ってすぐに作れる気がする、といったお料理はいつも人気なんです。
これからが旬のきゅうりが美味しくいただけるレシピがいっぱいで皆様喜んでいらっしゃいましたよ。
これからご予定の方、どうぞお楽しみに(^o^)

イベントクッキングとしては、タイ/ベトナム料理のフォーや簡単にできるエスニック料理を7月の26日日曜日に予定しております。
また、8月になりますが、30日にいつも大好評!「基本の和食」を作ろうと思っています。
まだメニューは決めていませんが、みんなにいつも大人気の鶏の照り焼きや天ぷら、などにも挑戦してみたいと思っています。
秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/521-ca687a36