2010-12-04 22:30 | カテゴリ:Lifestyle/おうちごはん
ジャンル:趣味・実用 テーマ:実用・役に立つ話
師走の声を聞き、なんだか一気に冬の気分になってきましたね。
あの猛暑と呼ばれた夏がうそのよう。
朝も寒くていつまでも暗いと起きにくい。

でもでも、朝ご飯にお弁当・・・がんばらなければいけないことも多々あります。
眠いな~と起きたとき、一番にすることは?


「とりあえず!」のオススメは「お湯を沸かす」ことです。

あんまり頭が働いてなくても、とにかく鍋にお湯を沸かし始める!!!
その間、冷蔵庫をごそごそして、例えば茹でもののお野菜を用意しても良いし、沸いたお湯でだしをとってお味噌汁にしても良い。
いりこのだしでお味噌汁の予定なら前の晩にお鍋にぽちゃんと煮干しを放り込んでおくのも賢い手です。
お湯が沸いて部屋がだんだん暖まり、いろんな美味しい匂いがし出すと家族が集まってくる・・・冬こそキッチンっていいなぁ。なんて思ったりするのでは。


お弁当作りならカラーパスタと洗った卵を一緒にゆでちゃうのもお勧め。
ほら、綺麗でかわいいショートパスタがありますよね。
茹で上がったらツナやハムと一緒にドレッシングやマヨで和えてパスタサラダに。ゆで卵もできちゃいます。5分ほどで茹だる簡単なものもあり、彩りよくお弁当の隙間うめに役立ちます。


あっと言う間に美味しいナムルのできあがり♪
とりあえず・・・で、旬のほうれん草を茹でたら、クレールでも大人気のナムルを作ってみましょう。
洗って水気を切って適当な長さに切ったら、まな板の上に置いたままでお醤油をたらりと回しかけます。そしてぎゅーっとしぼる・・・これが「醤油洗い」
下味がついて美味しい和え物ができます。
あらためてボウルに移して、自分がお浸しで食べるのに必要なくらいのお醤油をかけます。そしてそれと同量のごま油をたらりとまわしかけて、「手で」混ぜます。

韓国料理は手で丁寧に混ぜることが大事なレシピがたくさんあります。
葉っぱの先もほぐしてまんべんなく味がいきわたるようにするんですね。
料理は愛情と手間ひまで美味しくなる代表のような簡単レシピです。

でも、私も手がよごれちゃうのが嫌なので、きっと利き手だけで混ぜますけどね(笑)
もう一方の乾いた手の指先で胡麻をひねりながら加えます。
これが「ひねり胡麻」。
いろいろ道具を出さなくても、香りがぱぁっと立って美味しそうにできますよ!人間の手って偉大だわ~
水気もでないので、お弁当にもOK。


暖かいキッチンには幸せが詰まっているはずです♪
秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/45-7e6244e9