2010-11-23 20:17 | カテゴリ:簡単レシピ!
ジャンル:趣味・実用 テーマ:お料理
採り立てフレッシュなほうれん草!でもデカイかも!?気候も初冬を迎える頃となり、だいぶお野菜の値段も落ち着いてきた頃かしら。
ほうれん草も、夏頃は超高かったけど、最近ではそこそこね。
ハハが作った超元気なほうれん草がやって来ました!これからの旬の季節、売っているのでも、手持ちのお鍋ではちょいともてあますくらい元気なものに出会うときもありますよね。
採り立てですごく柔らかいのですが、いかんせん急激に育ちすぎ!?こんなときはとっておきの方法があるのです!

みなさん、どうやって茹でますか?
ベーコンと炒めたりするときに、一番いいのは、フライパンで茹でること。口径の大きなお鍋だと安心して茹でられますよね~。
でも、とりあえず「茹でておこう!」で一番簡単な方法は、葉っぱの先から茹でるんです!
いきなりこれで大丈夫???
こんな風にいきなり、長い葉っぱの先をぐらぐら沸いた、ふつーの18センチの
片手鍋に突っ込みます。実はお腹が空いてうろうろと横に来て見ていた息子、「無理だろ~」と冷たい一言。最近、調理実習もあったりして興味もあったらしい。
すぐに天地を返して蓋をして短時間で茹で上げますでもね、その一瞬後に、上下を逆さまにして、今しんなりしたはっぱを蓋代わりに根っこの部分を下にして、さらに上から軽くふたをして茹でてあげると一瞬で柔らかくて綺麗なほうれん草の茹で上がり!

「根っこからお湯に入れて茹でます」との世間の常識にとらわれて、アチチ!!!で、葉っぱを持ちながら茹でていた人試してみて!

手間の貯金だよ!ほうれん草が茹で上がりました♪塩を強めに茹でたお野菜は長く置くのが難しいのですが、単なるお湯で茹でたほうれん草は「手間の貯金」とばかりに2わくらい茹でちゃいます。
気持ち柔らかめに茹でたものは、すぐにお浸しや胡麻和えに。ちょいと気持ちだけ固めに茹でたのは一度タッパー保存で次の日の炒め物に入れたりね。
これからの季節、冷たいイメージのお料理よりは、ベーコンと炒めたり、バターで軽く炒め目玉焼きで巣ごもり風にしたほうが、みんな喜んで食べてくれますよ(*^_^*)

うそみたいなハナシですが、楽ちんにすぐに茹だりますよ!


・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、ブログの右サイドにいたブログペットの「ちっち」ですが、なんとあと少しでいなくなるんですって。
管理会社からメールが来てびっくり。さみしいぃ。。。
せっかくちょっとだけ成長して、2語分をおしゃべりできるようになったのに。
このまま育てて、俳句を詠んだり、たまには代わりにエントリしてくれる予定だったのにいなくなっちゃいます。
お時間がある人は何回かクリックしてみてね。
かわいいおしゃべりするかもよ(*^_^*)



秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/37-6b207551