2011-09-24 21:58 | カテゴリ:Cooking Salon
ジャンル:趣味・実用 テーマ:こんなの作りました♪
あっさり美味しい!フォーは皆さんおかわりの大人気!
先月のタイ料理に続き、今月はベトナム料理イベントクッキングが開催されています。
ほとんど似たような調味料を使いますが、タイの中でも、ベトナムの中でも、北部と南部では料理の雰囲気が違い、気候と密接に関係しているのを感じておもしろい限りです。
だって、和食だって北と南では、使う調味料の雰囲気も違うし、食材も当然変わってきます。
どちらも日本のように細長い国なので、それが顕著なのです。


今回のメインは日本人にも大人気の「フォー」です。
米粉の平べったい麺はつるりとして食べやすく、大変口にあうお料理です。
もちろん、「鶏ガラスープの素」などで代用できるのでしょうが、やはり私としてはちょっとこだわって、前日からことことと鶏ガラを買ってきて自家製スープを作っておきました。
これが、皆さん大絶賛。
ちゃんと作り方もご指導しますからね!
懲りたい方は是非挑戦してみましょ!!!
旨みの深さが違います(*^_^*)
アジの葉っぱ包みごはん!お野菜たっっぷりベトナムの味です
去年のベトナム料理は生春巻きがメインだったので、今回は別レシピに挑戦!
ヌクマム初心者にも作りやすい、お魚の入った混ぜご飯をたくさんの葉っぱと一緒にいただきます。
ベトナムでのランチの屋台には日本では考えられないようなフレッシュなミントやバジル、紫蘇などの葉っぱがてんこ盛りになって食べ放題でテーブルの上に乗っているそうです。
なんともうらやましい限り。
廻転寿司に息子と行ったら、ひたすら「ガリ」を食べていて、
「ママって、ガリを食べに来ているのでしょう!?」
と、真実をつかれてしまうほどの香味野菜LOVEの私には天国のような所だと思います(笑)
いつか行って素適なオーダーの「アオザイ」を作ってみたい!
う~ん、いくら美味しいモノが好きでもそれまでは太れないわね(笑)



タイ料理とベトナム料理の一番の違いはスパイスの強さ。
そして野菜の使い方かな。
タイ料理のほうが、濃厚なココナツミルクに代表されるように、コクがあって「甘、酢、辛、塩」のインパクトが強い気がします。
私はどちらも大好きですが、日本人万人好みなのは実はベトナム料理だと思っています。
ヘルシーで美味しい!お勧めです。

ベトナムはもともとフランスに統治されていたこともあり、バインミーといって、フランスパンにいわゆる「なます」風のモノを挟んで食べるもの人気です。
私は北米に行くと、いつもベトナミーズの看板ばかり探しています。
なければ、タイ、インドネシアと続きますが(笑)
(ハンバーガーなどのいわゆるアメリカ料理やコンチネンタルは食べないもので)
ベトナミーズレストランは調度品やちょっとした気遣いがフレンチっぽくてオシャレ。
イエール大学に留学している友人宅に遊びにいく途中で近くでふらりと入ったベトナミーズは、赤と白のギンガムチェックのかわいいランチョンマットが敷かれていて、まるでフレンチカフェのようでした。
お料理もノンオイルが中心で洗練されたものが並びます。
もちろん、あっさりしたフォーは定番。
ランチには最高です。

夜メニューでも、ピーナッツがベースのベトナム風焼き鳥、サテとか美味しいお料理が並んで楽しい!
いつでも、お野菜たっぷり。
とっても私好みっぽいでしょう。
また、ご紹介いたしますので、ベトナム料理のリクエストしてね!(笑)


今後も、10月には8日と16日にスパイス特別講座と称して、いろいろなスパイスの説明と印度料理をつくります。
カレーを始め、ヘルシーで薬膳のインド料理!
すでに、男性を中心として予約が入ってきています。
あまりに人気なので、どこか平日でも日程を調整しようかな、と思案中。
是非お問い合わせください!

→ クレールクッキングサロンのホームページ、スケジュール表をどうぞ
ご予約はお早めに。
秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/201-4f9dd661