2011-06-15 11:01 | カテゴリ:Lifestyle/おうちごはん
ジャンル:趣味・実用 テーマ:お気に入り!
素適ないちご達!すばらしく甘くて香り高い逸品です

私のおきにいりのバビヤージュでも使っている「のぞみふぁーむ」のいちご達に直接出会うことができました。あそことはもともと仲好しなのよ、というお友だちに誘っていただき、ハウスにおじゃますることになったのです。
佐山団地を抜けてまださらに進んだ辺りに「のぞみふぁーむ」のハウスはひっそりとありました。わくわくしてご挨拶をさせていただくと、気さくで優しい吉田さんが先頭にたって案内してくれました。


一枝に5つしかならせません!
ここのいちごはものすごく手をかけて栽培されており、一枝に5つのいちごしかつけないように管理しているそう。今までみたこともないほど大きくて真っ赤に熟れたすてきないちごがぶらさがっています。


コンピューターで管理された広いハウス

なんと水の管理も日照を自分で関知してやる時間や量を決めてくれるシステムを採用しているらしく、コンピューターで管理された清潔でひろびろとしたハウスの中はすてきな香りであふれています。
今の季節は終わりに近づいているので、つぎの株のために「ランナー」を伸ばして育てているそう。

いちごは大きなものほど美味しいのよ!と、案内してくれながら美味しくて甘いものをつぎつぎと「ほら、お食べ!」と。
今までイチゴ狩りには行ったことありましたが、これほどに甘みが強くて味の濃い素適ないちごには初めて会いました。
もう食べ過ぎになるほど堪能して大満足!
本当に美味しかった~


可憐ないちごの花
また、いろんな説明も丁寧に。
いちごの花は普通、花弁が5枚だそう。でも、ここのは管理がいいので、6枚の花びらのつくものがあります。いえいえ、最盛期には9枚もつくこともあるそうです。
その花びらの多い物ほど大きな実が付き美味しいそうです。
しらなかった~!
また、最盛期の2月ごろには、ハウスの中の空気の二酸化炭素濃度を普通の空気の6~7倍にして光合成を促しているそう。すると、味の濃いすばらしいいちごが採れるそうです。
もともと、ご主人は岡大農学部の教授だそう。
さすが管理が違います(笑)!!!

おみやげに素適なイチゴをグラム120~150円(季節によって変動)で持って帰ることができます。今回は試食分はおまけしてくださり!素適ないちごをたっぷり持って帰ることができました。
おすそわけした方も本当に喜んでくれてよかった。
また行きたいわ=!
といいたいところですが、いちごの季節は6月いっぱいだそう。
でも、来年はクレールでツアーを組んで買いにいかないといけないかしら(笑)
どうもありがとうございました☆彡

のぞみふぁーむ 086-251-1365
 ブログもされています。覗いてみてね!

秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/166-30d3aa5f