2011-05-18 14:31 | カテゴリ:その他
ジャンル:趣味・実用 テーマ:こんなの作りました♪
おいしいお寿司ができました♪

昔から筍があったらリクエストがくるほど大人気なのがたけのこ寿司。
筍ご飯は簡単だけど、母に言わせるとたけのこ寿司のほうがご馳走よ!というので、ちょっとした手みやげや差し入れにこの季節よくつくります。
筍の具に少し濃いめの味を最初につけておくのがコツ。
愛媛の田舎の味です。
岡山のばら寿司のように魚介類などが入らない精進のお寿司なので、少し甘めに味を付けます。魚介がメインのにぎりにはあまり甘みがないしゃりを用意しますが、野菜がたっぷりのこのお寿司は少し甘めの味がおいしい。

筍だけでもおいしいのですが、松山揚げ、高野豆腐などを入れて味のコクをつけます。
干ししいたけやにんじんも少し入れて彩りUP!
でも、香りがよいからといって牛蒡や蓮根などを入れすぎるとたけのこのお寿司ではなくなってしまいそうな気がして、あえてたけのこメインにいたします。


うえに飾るのはもちろん綺麗につくった錦糸卵。
上手につくれますか?



 ☆きれいな錦糸卵の作り方☆

小さめのボウルにかたくり粉をひとつまみ入れます。そこにお塩もひとつまみ。
小さじ1くらいの水を入れてよーく混ぜて塩を溶かしてしまいます。
そこに卵を2個入れてよく溶く。
フライパンはよく熱して油をひいたらペーパーで油をとってしまうのがうすく綺麗に作るコツ!
中火に熱したら溶き卵を入れてすぐにぐるりと広げます。
表面が乾き、端がちりちりと自分ではがれるくらいまでゆっくり待ってあげます。
そうしたら、菜箸を端から入れて引き上げ、ぱたっとひっくり返して裏面も焼きます。乾かす程度かな。

はい!
ごく少量ですが、かたくり粉が入っているために破れずのびのよい薄焼き卵ができるはずです。

きれいな錦糸卵ができました(*^_^*)
少し冷めてから端から丁寧にきり、ふわっと持ち上げて空気を含ませるようにほぐします。
一度にたくさん作って、小分けにして冷凍することもできますよ。
ふんわり綺麗な卵が乗っかったお寿司はそれだけでご馳走気分アップです♪



山椒の葉は葉っぱだけがパックにはいって98円。その横にポットに入った小さな山椒の木が198円で売っていたので、おもわず小さな苗を買ってしまいました(笑)
枯らさないようにしないと!

そうね、そろそろバジルも植えなきゃっ!
コリアンダーは小さな芽が出てきましたよ♪
うちのベランダには食べられるハーブだけ植わっています(笑)

秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/150-19a04313