2011-05-02 16:33 | カテゴリ:Lifestyle/おうちごはん
ジャンル:趣味・実用 テーマ:こんなの作りました♪
じっくり煮込んだテールシチュー♪ほろりと崩れます
先日ワインの試飲会が催されたときの私が作ったメインの一つがこのテールシチュー!
2日かけてじっくりゆっくりほろりと煮崩れる寸前まで煮込みます。
野菜もたっぷり一緒に煮込んでバーミックスでとろとろにしてしまいます。
お写真にはなかったのですが、当日はポテトやアスパラ、スナップエンドウ、ブロッコリーなど季節の野菜を別茹でにしたものを添えてお出ししました。


当日はお写真を撮るのを忘れたので、残った大きなテールでお写真をパチリ♪
私、テールとかタンのシチューって大好きなんです。
お肉そのものの煮込みよりも好きかも。
ご馳走を食べたい!ってときにはじっくりつくるオハコの料理です。
ま、時間さえかければそんなに難しくはないんですけどね。
少しソースが余っていたので、冷凍しておきました。
これは、またちょっとしたシチューかカレーの味足しにしようと思っていたの。


ちょうど息子のランチにボロネーゼ(ミートソース)を作ることに。
こういうときには、一度にたくさん煮込んでしまいます。
お肉2パックで600gくらいはあったかしら!?
にんじんも玉ねぎもたっぷりたっぷり入れちゃいます。
細かくみじん切りにするのには、大量だとやはりFP(フードプロセッサー)が早いですね。バーミックスのみじん切りはあまりうまくできないことがわかりました。。。

いろいろな作り方があるとは思いますが、私が一番大切だと思っているのは、やはり時間をかけて30分以上煮込むこと。
野菜とお肉、トマトの味が一つになって美味しくなるのには少し時間がかかります。
お肉も固いところも入っているはずなので、そのくらいは必要かな。

また、最初から小麦粉を振り入れて煮込み、とろみをつける方法もありますが、うっかりすると底が焦げてしまうこともあります。
だから、私は最初にはあまりとろみをつけずにひたすら煮込んでいきます。
ここで、ちょっとした秘密が。

ビーフシチューのモトというルーがありますよね。
あれを一つ二つ入れてしまうのです。
そうすると、自然なとろみがつく上に、デミグラス風味の旨みがプラスされて、ぐっと本格的な味になります。
あとは、ケチャップやソースなどを隠し味にして味を整えていくといいかな。
私は残っていたテールシチューのルーを少し入れてあげました。
うーん、ご馳走風の味になります(*^_^*)

一度にたっぷり作ります!ミートソース
ランチ後にもこんなにたっぷり残っているので、これはまた次回に大きなパスタやラザニアと組み合わせてグラタンにしてみようと思います(*^_^*)
ホワイトソースとミートソースを一度につくるのは大変だけど、こうして手間の貯金をしておくと楽ですよね!
GWでご馳走を考えている人!
美味しいミートソースを作ってラザニアとか挑戦してみませんか♪

秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/140-26492ae9