2011-04-08 12:05 | カテゴリ:Lifestyle/おうちごはん
ジャンル:趣味・実用 テーマ:こんなの作りました♪
美味しい胡麻和え作っていますか

「胡麻和え」とか「お浸し」って簡単なようで使う調味料やさじ加減でできあがりが変わってきます。
うちの胡麻和えは野菜が苦手な息子でも、これは美味しいから好き♪と、言ってくれるのですよ。
秘訣は・・・美味しいすりごまを使うことと美味しい調味料、野菜も母が作ってくれたものだからまずいわけがないのですが。
もちろん、自分で胡麻を煎って摺ることもありますが、朝忙しいときに重宝するのはオニザキのすりごま。いまは「つきごま」って書いてあるかな。

昔は通販でしか買えなかったような気がするのですが、最近では気の利いたスーパーには置いてありますよね。へたに自分で摺るよりも味が濃い気がして気に入っています。
甘みがあるんです。
こんな良い脂肪分は是非とらなくては!

また、下味を付けるのに、私は醤油と白だしと同割りで混ぜた調味料を使います。

混ぜ方にもポイントが。
まず調味料を各大さじ1くらいで混ぜて濃いめの味を作っておきます。
そこに、まずは茎の部分から入れて、必ず手で混ぜていきます。
全体に馴染むようにね。
それから葉っぱの部分を入れてまた丁寧に手で混ぜる。
ここで束になった葉っぱをしっかりほぐしてあげます。

それからやっとすりごまです。
胡麻を先に入れてしまうと混ぜにくくなってしまいますよ。
この順番も大切ですね!
さいごのトッピングにひねり胡麻も少し。香りがぱあっと広がり美味しさUPです!



また、お浸しを作るときも茹でて切って花かつおをかけただけ、って人いませんか?
それでは、子供がお野菜キライになってしまいます。
「お浸し」ですから、美味しいだしに美味しいお醤油で調味して、好みで甘みを少し。
そして全体を馴染ませて浸しておかなくてはいけないと私は思っています。
もちろん、毎日大さじ1のためにだしをひくことはできないかもしれないけど、丁寧にだしをとったついでに美味しいお浸しも用意するのもありですよ。
普段は白だし君の助けをかりてみるのもよし。

だしのうまみのきいた美味しいお野菜は、きっと家族にも好評なはずです。
やってみてね!

秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/124-18ee92db