-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-19 11:46 | カテゴリ:Cooking Salon
ジャンル:趣味・実用 テーマ:こんなの作りました♪
おくらのとろみが美味しいガンボスープ
クレオール料理って、初めて耳にする方も多いかもしれません。
クレオール料理はこんなお料理ですが、ちょっと特徴的なので、ニューオリンズに行くと、クレオール料理専門店、アメリカ料理(ステーキ、ハンバーガーなど)、中華料理&その他エスニックなどというように分類されています。
ちょっとスパイシーでちょっと泥臭い!?でも、どこかにフレンチの香りがする料理。
ニューオリンズのフレンチクオーターにはガンボの店がならびます。


私がニューオリンズに行ったら、もちろんガンボ!
スープ系が大好きな私はボリュームたっぷりガンボとシーザーサラダがあればとりあえずご満足です。
そして、取り分けてジャンバラヤやシュリンプクレオールなど。

ニューオリンズがまだハリケーンカトリーヌの被害に遭わなかった頃、
何度かニューオリンズに行った私は一人でふらふらするのにも飽きて、観光客向けの料理教室に行くことにしました。
大きな鏡が上についているデモ用の調理台で超でっかいシェフが手際よく料理を仕上げていきます。材料もすべて用意してあるので、さくさくっと作っていく。
巨大な量を作り上げ、みんなで試食♪
とっても楽しいレッスンで大満足でした。
サービスで現地のビールが出されたのだけど、微妙に二日酔い気味なところを押していった私はビールがあんまり飲めなかったことが心残り!(そこかい!)

このたびはここで学んだガンボとジャンバラヤ、そして私の大好きな、アメリカに行ったらどのレストランにでもあるシーザーサラダなどを作りたいと思います。
ガンボとはもともとオクラをさすそう。
オクラは英語だからね。
オイルで小麦粉を炒めて作ったブラウンルーとおくらでとろとろどろどろに煮込んだ料理です。好みでお米に添えて食べることも多い。
南部は黒人が多く、あのあたりは長粒米ですが、米が多く食べられます。
ジャンバラヤはもともとスペイン料理のパエリアを貧しい材料で作ろうとしたものとも言われます。高価なサフランは手に入らないから。
南部のアフリカンアメリカンはまずしかったし、そこに入ってきたフランス人も材料が手に入らなかったのでしょう。
だから、作り方的には基本ほとんど一緒ですね。
どちらかというと、シーフードで豪華・・・というよりは肉のイメージがあります。
子供も大好きなトマト味なのでお楽しみに。
デザインラボでは本格的にお鍋でつくり、うちでは炊飯器で作ってみるレシピをお教えしようと思っています。
(というか、デザインラボには炊飯器がないの!)

すっごく楽しみ~~~♪
主人がめずらしく、「多めに作ってちょっと僕の試食分残しておいてね」
なんて言っていましたが、大丈夫。
当日までにいやになるほど試作を重ねると思うので、きっと私と同じように、もういいかげんガンボもしばらくはいいわ、というようになると思います(笑)
皆様お楽しみに。
御興味のある方はお早めにお問い合わせください。

また、4月の16日には男子参加の初の土曜日クレールをしてみようかな、と思っています。
お料理に興味がある男性!
初めてでもお一人でも大丈夫です。
是非、お気軽に一度お問い合わせください。

→ クレールクッキングサロンのホームページスケジュール欄
秘密

トラックバックURL
→http://clairecooking.blog89.fc2.com/tb.php/109-fff8e249
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。